意識すれば身につく教授スキル

経験者が必ずしも指導力があるとは限らない。

それは、何度か話したが、生徒を思いやる情熱が前提であり、これが無ければ、どんなスキルも機能しない。

しかし、体験を意識した経験化に落とし込むことで、必ず身についていく教授スキルが存在する。

その最たる例は話した方のスキルである。

注意の焦点化、情報の強調化を如何にするのかというのは、話し方に因るところが大きい。

上記にポイントを置くところでは、必ず意識して、

1.音量を上げる

2.速さを抑える

3.間を若干あける

4.webカメラに顔を近づける

以上を実行する。

ずっと単調に同じ調子で授業を続けていくと生徒にとっては、何が大切だったかよくわからない。

「先生、ここは、力は入ってたなあ」と思わせることである。

私は、その上に情報提示のスキルとして、ノートにポイントには、赤いマーカーで☆を書くという方法をとった。

「先生、今日の授業は☆が多かったなあ」などと授業後に言わせるようになると、生徒も意識が強くなった証拠であり、しめたものである。

また、絶対に間違ってほしくないミスの個所には、私はゴギブリのイラストを書いた。

これは、一つのギャグでもあるが、ゴキブリは私が最も苦手なものなので、そのイラストを示すことで、生徒たちも陥りやすいミスを意識するようになる。

授業デザインの映像化でもある。

どんな方法でも良いから、抑揚をつけていくことで、授業が機能し、生き物に変化する。


正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!