効率の良いおすすめの勉強方法|暗記のポイントや休憩の取り方も解説

受験までの時間は限られているため、少しでも効率よく勉強したいですよね。ここでポイントとなるのは、勉強の方法だけではなく、休憩や勉強を始めるタイミングなども押さえておくことです。ここでは、効率のいい勉強方法やスケジュールの組み方、暗記方法のポイントまで詳しくご紹介します。

効率よく勉強する秘訣は“タイムマネジメント”

勉強法2

受験までの時間は限られているため、時間を有効活用することが大切です。そのために、タイムマネジメントを意識しましょう。具体的なタイムマネジメントの方法は次のとおりです。

15分単位でタイムスケジュールを管理する

勉強は、長時間無理に続けるのではなく、15分ごとに休憩をはさむことが大切です。ダラダラと勉強を続けても集中力が低下しているため、かえって非効率といえます。また、勉強が嫌になって投げ出すリスクも高まるでしょう。メリハリをつけるためには、15分単位でスケジュール管理することが最良の方法だと覚えておいてください。

勉強のゴールデンタイムは「早朝」と「就寝前」

勉強のゴールデンタイムは、早朝と就寝前です。特に、暗記系の勉強を行うようにしましょう。起床後の脳は、昨日までの情報がリセットされている状態のため、今日の新しい情報をインプットしやすくなっています。また、朝は空腹であることや登校までのタイムリミットがあることによって、高い集中力を発揮できるのです。就寝前は記憶が定着しやすく、起床後に同じ勉強をすると、さらに定着しやすくなります。

睡眠時間は8時間をキープする

睡眠時間は、高校生で8時間をキープしましょう。心身ともに健康的になり、勉強の集中力が高まります。逆に、睡眠時間が短いと思考力や集中力、記憶力が低下するのです。早寝早起きだけではなく、毎日決まった時間に就寝と起床を繰り返し、昼寝は長時間とらないことがポイントです。

ストップウォッチで制限時間によるプレッシャーをかける

ストップウォッチで制限時間を設定することでプレッシャーがかかるため、集中力が高まります。その結果、記憶力や学習力が高まるのです。そして、制限時間内に終わることで達成感を得られ、モチベーションアップにつながります。また、どれだけ勉強したか時間で表せることで、自信にもつながるでしょう。

スキマ時間にできる勉強をまとめておく

日々の生活のスキマ時間は、積み重なると膨大な時間になります。通学時のスキマ時間にできる勉強をあらかじめまとめておき、1秒もムダにしないことが大切です。5分、10分、15分など、スキマ時間のパターン別にまとめておきましょう。また、スキマ時間についスマホを触ってしまうのであれば、オンライン学習を利用することをおすすめします。

「模試の結果」と「目標の偏差値」を入力するだけで、必要な勉強時間が計算できるシミュレーター

効率よく暗記するポイント

勉強4

暗記は、ただ覚えるだけだから簡単と思っている方もいるでしょう。覚えた情報を必要なときに引き出せなければならないため、工夫して覚えることが大切です。効率よく暗記するには、次のようなポイントを押さえるといいでしょう。

「覚える」と「思い出す」をひたすら繰り返す

暗記では、覚えようとするのではなく、思い出そうとする勉強方法がおすすめです。人は、覚えることが苦手で暗記しようとすると覚えることに集中してしまいます。そうすると、思い出すことができず、受験には対応できません。ポイントは、覚える時間を短くし、思い出す作業を長くとることです。次のように工夫して勉強しましょう。

・思い出しやすい形に変える
・目を閉じて情報を何回も唱える
・唱えるスピードを速くする

このように、覚える作用をしつつ、思い出す作業を集中的に行うことが大切です。

暗唱できなったものは書き出す

覚えるのと思い出すのを繰り返すことが大切ですが、どうしても思い出せないものも出てきます。ミスノートにまとめておいて、スキマ時間に復習しましょう。また、勉強後すぐ、1時間後、数日後など、定期的に少ないヒントで思い出せるようにセルフチェックしてください。思い出せないものはミスノートに記載し、復習しましょう。1日中暗記するのではなく、スキマ時間を使ってチェックした方が、他の勉強の時間を圧迫しません。

完璧に覚えず、細かい固まりを大体で覚えていく

完璧に覚えるよりも、法則に基づいてグループ化し、まとめて覚えることが効果的です。英単語や熟語の暗記に向いています。例えば、「come about」、「come across」、「come after」のように、「come」から始まる熟語でまとめたり、「take over」、「talk over」、「check over」など「over」シリーズでまとめたりする方法があります。

前に進むだけでなく一つ前に戻ってみる

人の脳は、膨大な暗記には向いていないため、一度覚えたものを忘れることを前提に復習することが大切です。教科書や問題集1ページ、1章、1問ごとに1つ戻って復習することで、記憶を維持できます。完璧に覚えてからでないと次に進まないスタイルでは、次の問題を完璧に覚えたころには前の問題を忘れています。1つと言わず2つ戻ってチェックするなど、必ず戻ることを意識しましょう。

黙読ではなく“音読”する

文字を目で見て覚えるのではなく、五感を使って覚えることで脳に強く印象づけられます。頭の中で読むだけではなく、声を出して読みましょう。具体的に、次のように音読することで、効率よく暗記できます。

・10回は音読する
・音読のスピードを速くする
・耳栓を装着する

1回音読するだけでは十分に脳へ定着させられません。そして、ゆっくり音読していても脳に定着できないため、スピードを速く10回は音読しましょう。また、余計な雑音を防ぐために耳栓を装着することが大切です。

大学の受験勉強を効率よくするコツ

勉強5

大学の受験勉強は限られているため、少しでも効率よく進めることが大切です。工夫一つで勉強の身につき方が変わります。効率化するかどうかで受験の成功と失敗が決まるといっても過言ではありません。それでは、大学の受験勉強を効率化する方法について詳しくみていきましょう。

とにかく参考書を一周する

完璧を求めると、ムダに時間を消費してしまいます。まずは、8割程度の理解度で勉強を進めていきましょう。その際には、参考書を最初から最後までひととおり進めることがポイントです。わからない問題は飛ばして、他の問題に取り組んでから再チャレンジするといいでしょう。

参考書を一周したら、2回3回と繰り返すことで、さらに理解度を高められます。場合によっては、他の回答も思いつくなど、学力レベルの向上も期待できます。

ノートではなく参考書に書き込む

勉強内容はノートにまとめるのではなく、参考書に直接書き込むことが大切です。一目で注意点やポイントがわかるため、見直したときに理解しやすいでしょう。参考書に書き込むときのポイントは次のとおりです。

・問題文の要点に線を引く
・解説に解き方のポイント・行間の式を記入する

問題文の中でも重要なポイントに線を引くことで、スピーディーに理解できるようになります。さらに、解き方のポイントや行間の式まで記入すれば、それを見ただけで問題の全容が明らかになるのです。

やることを限定する

無茶な勉強計画を立てても、そのとおり実行することはできません。実行できたとしても、集中力が低下するようなスケジュールでは、肝心の勉強内容が頭に入ってこないでしょう。実行可能な範囲で勉強計画を立て、1日単位でスケジュール管理してください。コンスタントに毎日積み重ねていくことで、気づいたときに高い学力が身についています。受験勉強を早く始めるほどに、現実的な勉強計画を立てやすくなります。

マンツーマンレッスン可能な学習塾を活用する

学習塾を利用する場合は、マンツーマンレッスンができる学習塾を選びましょう。1対1で勉強を教えてもらえるため、より深く理解できるようになります。また、常に監視されているのと同じのため、集中力が途切れる心配がありません。気になる方は、エイドネットの無料体験レッスンを試してみてはいかがでしょうか。

好きな先生を選び、24時間365日好きなときにレッスンを受けられます。

まとめ

効率のいい勉強方法が身につけば、毎日の積み重ねによって周りと大きな差をつけることができます。逆に、非効率な勉強方法では、確保している時間を有効に使えず、思っている以上に学力が上がらなくなるでしょう。効率のいい勉強方法を身につけることは、受験の合格率を大きく上げることにつながります。

オンライン家庭教師に興味がある方はコチラ!
https://aidnet.jp/feature/

無料体験申込はコチラから!


正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!