勉強をやる気にさせ楽しくする方法!目標達成が脳内ドーパミンを生む

勉強が楽しくないためにモチベーションが上がらず、効率が落ちてしまっている方は多いのではないでしょうか。楽しく勉強できるようになれば、それだけ集中力が上がるため、学力を目標レベルまで高めやすくなります。しかし、楽しく勉強する方法がわからない方もいるでしょう。そこで、今回は勉強を楽しくする方法について詳しく解説します。

勉強が楽しくない理由

そもそも、なぜ勉強が楽しくないのか考えることが大切です。勉強が楽しくない原因を知り、適切に対策することで、勉強が楽しくなるでしょう。勉強が楽しくない理由はさまざまですが、主に次の2つが挙げられます。

勉強をさせられているという意識

学校や親から勉強しなさいと口酸っぱく言われた記憶によって、勉強に対してマイナスイメージを持ったり、無理にさせられているような「やらされ勉強」感を持つようになったりする場合があります。その結果、勉強に対して前向きな気持ちになれず、効率よく勉強することができなくなるのです。このように、環境や過去に受けた言動が関係している場合があります。

勉強に対する苦手意識

「成績が良くない」「特定の科目が苦手である」など、勉強に対して苦手意識があることで、楽しく勉強できなくなります。勉強に対して自信を持つことができず、どうしても心が前向きになりません。前向きにならない状態で勉強すると、心身を大きく消耗してしまうため、結果的にさらに勉強がつらくなってしまいます。この苦手意識を取り去ることが先決です。

勉強を楽しくするには目的や目標をはっきりさせること

勉強が楽しくない理由を克服することで、楽しく勉強できるようになるものです。そのためには、勉強をする目的や目標を明確化させる必要があります。勉強することで志望校への合格率が高まり、自分にとって理想の大学へ進学できるというイメージを持つのです。

このように勉強をするメリットを常に思い浮かべることで、勉強に集中しやすくなります。勉強に対する苦手意識が克服され、前向きな気持ちで勉強できるようになるでしょう。目標を達成したい気持ちが強いほど勉強に対して前向きな気持ちを持てるようになるため、本当に行きたい大学や学部を選ぶことが大切です。

現在の学力では合格が難しいものの、勉強すれば合格できる大学を目標として選ぶことで、モチベーションを保ちやすくなるでしょう。

目標と現実との差を埋める計画を立てることから始める

目標が定まったら、現在の自分との差を認識し、その差を埋められる勉強計画を立てることが大切です。次のように計画を立てましょう。

・目標を達成するために逆算方式で、年>月>週>日と勉強量を決める
・勉強するもの優先順位をつける
・余裕を持ったスケジュールにする

このような準備によって、「目標達成のために毎日何を勉強すればいいか」がわかるようになり、行動に移しやすくなります。無理な計画ではなく、現実的な計画を立てることが大切です。

勉強へのやる気の生み出し方

目標が定まり、計画を立てる段階まで進んでもなかなかモチベーションが高まらない場合があります。その場合は、環境や勉強方法を工夫することがポイントです。次のような方法を実践することで、勉強のモチベーションを高められるでしょう。

勉強する環境を整える

なかなかモチベーションが高まらないのは、勉強の環境に問題があるからかもしれません。次のような環境を見直しましょう。

・部屋や机の上を掃除する
・部屋の温度は少し低めにしてこまめに換気をおこなう
・自室に限らずリビングや学校図書館など自分に合った勉強場所を見つける

このように、勉強する環境はモチベーションに大きな影響を及ぼします。机の上が散らかっていたり、気温が適正ではなかったりする環境では、集中力が低下します。また、周りにゲームや漫画などであふれている環境で集中することは難しいでしょう。

とりあえず勉強を始める

やる気がでなくても、まずは10分だけ勉強するつもりで始めてみましょう。いつの間にか勉強モードに入り、集中して取り組めることがあります。このような取り組みを毎日続けることで、自然に勉強の習慣をつけることができるでしょう。

ながらでも勉強をする

勉強中は、鉛筆を握って問題集に取り組むことになりますが、お菓子を食べたり音楽を聴いたりしながら勉強しても問題ありません。このように、他のことをしながら勉強することで、勉強に対するハードルが低くなります。好きなことと勉強を両立させることができれば、ストレスも感じにくくなるでしょう。

勉強のやり方を工夫をしてみる

勉強に対して苦手意識がある方は、勉強方法を工夫することをおすすめします。次のように工夫するといいでしょう。

・勉強する時間を決める
・分からないところを特定する
・休憩を取る
・頭をスッキリさせる
・同じ問題集を何度も解く
・間違えた問題を繰り返し解き理解する
・暗記ものは反復勉強で記憶として定着させる

このように、勉強時間と休憩時間をしっかり決めて、メリハリをつけることが大切です。また、次々と問題集を進めていくのではなく、基礎をしっかり固めたうえで問題集を解き、間違えた問題は何度も繰り返し解きましょう。一つひとつの問題を確実に理解してから次へ進むことで、学力をしっかり高められます。

また、単語やキーワードなどの暗記ものは、繰り返し覚えて記憶に定着させましょう。このように、少しの工夫で学力を効率よく高められ、学力が早く上がれば、問題を解く楽しさがわかるようになります。解ける問題が増えれば、さらに勉強が楽しくなり、やる気がでなくて悩むことがなくなるでしょう。

勉強を楽しくする方法

勉強は、少しでも楽しくできる方がいいでしょう。楽しければ楽しいほど勉強のハードルが下がるため、やる気がでなくて悩むこともなくなります。それでは、勉強を楽しくするには、具体的にどうすればいいのかみていきましょう。

小さな目標達成を積み重ねる

小さな目標を決めて、何度も達成することで、勉強が楽しくなっていくでしょう。大きな目標しか定めないでいると、なかなか達成感を得られません。大学合格を最終目標にするのであれば、模試の順位を具体的に何位上げるか決めたり、テストの点数や1日に解く問題の数を設定したりしましょう。このように、短いスパンで達成できる目標をたくさん作ることで、日々の勉強が楽しくなります。

まずは、すぐに達成感を得られるタイムプレッシャー勉強法を試してみましょう。タイムプレッシャー勉強法とは、普段1時間かかる問題集を55分で終わるように目標設定するなど、自分にプレッシャーをかけることで集中力を高める勉強方法です。目標を達成するとドーパミンが分泌されて、モチベーションアップにつながります。

ご褒美を用意しておく

自分へのご褒美を用意しましょう。大学合格を最終目標にしつつ、好きなテレビを見たりお菓子を食べたりすることを小さな目標にすることで、勉強が楽しくなってくるでしょう。ただし、ご褒美を早く手に入れたいために、簡単すぎる目標を設定しては本末転倒です。ある程度、努力しなければ達成できない目標を設定しましょう。

自分の成長を振り返る

自分の成長を振り返り、学力が上がったことを実感すると、モチベーションが上がります。毎日、勉強をがむしゃらに続けるだけでは、自分の成長に気づくことができず、なかなか自信を持てません。自信がないと、受験日が近づくにつれて不安を感じるようになり、本番で緊張してしまうでしょう。そうなれば、実力を発揮できません。自分の成長を振り返り、自分をほめてあげることも勉強が楽しくなることにつながります。

オンライン家庭教師などに成果を報告して誰かに褒めてもらうのも効果的

オンライン家庭教師などに成果を報告して褒めてもらうのもモチベーションアップにつながります。オンライン家庭教師はマンツーマン指導のため、気軽に相談できます。また、家庭教師側としても、個々の成長を把握しやすいため、学力が上がったときに褒めてもらいやすいのです。成長の喜びを2人で分かち合うことができます。

また、好きな時間帯に学習できるため、勉強のハードルが下がることもメリットです。効率よく勉強できて、モチベーションも上がりやすいなど、さまざまなメリットがあるため、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

勉強を楽しくするには、自分の成長を認めたり、小さな目標を設定して達成感を得たりする必要があります。また、自分へのご褒美を用意することも大切です。勉強に打ち込むだけではストレスがたまるため、次第に効率も落ちていきます。勉強を楽しくすることが効率化につながり、心身への負担も軽減できるのです。日々の勉強を楽しくできるように工夫しましょう。


正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!