大学受験が怖いです。どれだけ勉強しても落ちて失敗するのではないかと思うと、ペンを持つこともできなくなります。どうやって受験に対する不安を和らげればいいのでしょうか?

どれだけ勉強をしても合格しないと思うのは、自信がないからではないのかな?受験は重要なイベントだから、どれだけ勉強しても不安に感じる気持ちはわかるぽっち!

不安を解消できれば勉強に集中できるようになって、合格にも一歩近づくよ!!

まずは、恐怖や不安を感じる理由を理解することが大切なんだ。そして、不安を和らげるためにどういう勉強をすればいいのかも含めて、詳しく解説していくぽっち!

1.「怖い」「不安」と感じる理由を理解しよう

恐怖や不安に打ち勝つためには、原因を把握することが大切だよ。原因に対処することで、恐怖や不安を和らげられるようになるぽっち。

受験生は、さまざまな理由で恐怖や不安を感じます。主に次のような原因が挙げられます。
■恐怖や不安の原因
  • ●毎日勉強しても成績が上がらない
    勉強は、やればやるほどに知識としてストックはされていきますが、時間をおけば忘れてしまうこともあるでしょうし、模試の難易度によっては必ずしも成績に反映されるわけではありません。そのため、毎日勉強しても成績が上がらないことはままあるのです。やればやるほどに成績が上がると思い、やり方を工夫していない受験生は、成績が上がらないことに不安を感じてしまうのです。
    あわせて、勉強のやり方が間違っていなかったとしても、模試の時に勉強の進捗が間に合っていないことはよくあります。定期テストでも「あと2日あれば、もう少し点数がとれたのに……」と思うことは多いのではないでしょうか?それが模試の場合は出題範囲が広いので「あと◯日」がぐんと広がって見えにくくなります。それが不安をあおることも多いのです。
  • ●入試までの勉強方法がわからない
    入試までにどのような勉強法を実践すればいいのかわからず手探り状態になると、大学受験に落ちることをイメージするようになることがあります。ゴールまでの道のりがわかっていないまま全力で走り続けているような状態ですから当然です。まずはゴールをイメージして、何をどのくらい勉強すればいいのか学習計画を立てるところから始めてみましょう。
    また、同じゴールでもたどり着くためのコース(過程)は人によって異なることは多いので、まずは自分にとっての最善な手順を意識することも大切です。
  • ●受験に失敗して浪人するのが嫌だ
    受験に失敗して浪人を選ぶ場合、また1年間勉強をして合格しなかったら…と想像してしまったり、翌年に合格できても周りの人は年下の子もいる。また同じ高校の同級生が先輩となります。今まで経験したことのない人間関係を想像して、大学生活を「怖い」と感じることもあるのです。

なるほど。受験の失敗に対する恐怖だけではなく、勉強方法がわからないことも関係していたんですね。

そうなんだよ。受験のときは、思わぬところに恐怖や不安を感じるから、まずは原因を突き止めることが大切だよ!

2.成績を上げる、入試までの勉強方法

成績を上げるための勉強方法を実践することで、受験に対する自信を持てるようになって、恐怖や不安に打ち勝てるぽっち!

やみくもに時間を積み上げるだけの勉強方法だけでは、望むように成績を上げることは難しいでしょう。何が苦手で何が得意なのかを把握したうえで、勉強方法を工夫することが大切です。次のような勉強方法を心がけましょう。
■勉強方法のポイント
  • ●苦手科目を克服する
    苦手科目があることで、受験勉強が嫌になることがあります。しかし、人間誰でも苦手なものはあります。ただ、ふとした時に苦手から得意になったりするもの。苦手科目を苦手だからと後回しにせずに克服することで、受験に対して自信を持てるようになり、恐怖や不安を感じにくくなるでしょう。
  • ●得意科目をさらに伸ばす
    得意なことや好きなことであれば、時間を投資しても苦にならないこともありますね。得意な科目の点数を伸ばすことで全体的に点数が上がり、苦手科目な科目で多少失敗しても大丈夫だと心のゆとりも出てきます。苦手科目の勉強をする前に得意科目の勉強をして気分を乗せることで苦手科目へ取り組む姿勢を変えることもできます。
  • ●入試科目の基礎を徹底的にたたき込む
    大学によって入試科目が異なります。入試科目の基礎を徹底的に身につけることが大切です。科目を絞ることで、勉強の負担が減り、受験に対する恐怖や不安が和らぐでしょう。基礎が身につけば応用問題も解きやすくなります。
  • ●受験校の入試の傾向をつかむ
    受験校の過去問を徹底的に分析し、傾向をつかみましょう。得意科目であっても、その科目の中で唯一苦手な問題が出題されれば、受験に失敗するリスクが高まります。そのため、過去問から入試の傾向をつかみ、範囲を絞って勉強することが大切です。

科目の絞り込みと基礎のたたき込みが大切なんですね。入試の傾向をつかんでいないことが大きな不安になっていた気がします。

受験する学校の入試に合わせて勉強しないと、合格への道が遠くなってしまうかもしれないね。自分に合った勉強方法をしっかり考えるといいよ!

3.集中力を高めて勉強しよう

勉強にとって大切なのは集中力ぽっち!自分に合った方法を見つけよう!

受験勉強は自分との闘いです。どれだけ集中して勉強に取り組むことができるかが勝負なので、集中力を高める方法を知っておきましょう。次のような方法がおすすめです。
■集中力を高める例
  • ●集中力を高める音楽を聞く
    集中力を高められる音楽を聴きながら勉強しましょう。ただし、音楽を聴くことに集中しないように、曲を選ぶ必要があります。集中できる音楽は人によって異なるので、いろいろ聴いて決めるといいでしょう。受験勉強を始める前や塾に行く前にテンションが上がる音楽を聴くのもおすすめです。
  • ●チョコレートを食べる
    チョコレートには、糖分が多く含まれています。糖分は頭の回転を良くさせるために欠かせません。糖分不足になると、本来の能力を発揮できなくなるため、勉強しても身につきにくくなるのです。勉強を始める前にチョコレートを食べましょう。
  • ●百ます計算をやってみる
    簡単な百ます計算を勉強前に取り入れてみましょう。その時のコツは、必ず時間を計って記録することです。時間に追われるという状況は、うまく使えば集中力を一気に高めることへ変換できます。特に数学の前にすると“計算頭”になってケアレスミスも減ってきます。

もっと難しい方法かと思ったけれど、これならカンタンに取り入れられそうです。

手軽にできる集中力アップ方法を取り入れて、自分との闘いに勝利しよう!

まとめ

恐怖や不安を消すことで、成績も上がっていく可能性が広がるぽっち!

大学受験への恐怖や不安は、自信がつくことで感じにくくなる!
大学受験に恐怖を感じる受験生は少なくありません。自信がないために恐怖を感じることもあるため、工夫を重ねて勉強することが大切です。自信がつくことで恐怖や不安を感じにくくなり、成績が上がりやすくなるでしょう。自分自身に逆質問で「何ができたら不安がマシになる?」と問いかけることも有効です。意外と答えは自分自身で持っているものです。
また、音楽を聴いたりチョコレートを食べたりして、心と身体の状態を整えることが受験成功のカギと言えます。恐怖や不安を和らげて、受験成功に向けて勉強していきましょう。

大学受験への恐怖や不安の気持ちを抱くのには、こんな理由があったからなんですね。今日から自分に自信が持てるように工夫をしてみます!

自分との闘いに勝つための工夫をして“恐怖や不安”を吹き飛ばすんだ!えいぽっちは受験生のみんなを応援しているぽっち!!

正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!