最近、勉強しても深く集中できません。ストレスがたまっているのでしょうか。よい息抜きの方法があれば教えてください。

やる気があるのに勉強に深く集中できないのは、ストレスがたまっているからと考えられるよ。ストレスは、受験勉強につきものだけど、うまく発散させなければ勉強効率を落としかねないぽっち。

息抜きをしたいけれど、その間にライバルと差がつかないか不安になることもあるだろうね。勉強に支障をきたさないように、うまく息抜きをすることが重要になるぽっち。

メリハリをつけて勉強することで、ストレスによる集中力の低下を防いで、効率よく学力を高められるかもしれないよ。勉強をしても集中力が続かない場合の息抜きの方法を詳しく紹介するぽっち。

1.受験生におすすめの息抜き方法

受験生にとって一番大切なのは勉強の時間だね。限られた時間の中で、いかに息抜きの時間を確保して息抜きできるのかがポイントだね。受験生におすすめの息抜きの方法を紹介するぽっち。

受験生は、睡眠や食事、睡眠以外の時間の大部分を勉強に費やすことになるため、息抜きの時間を十分に取れないと考えている人が多いでしょう。そこで、短い時間でも息抜きになるおすすめの方法をご紹介します。
■おすすめの息抜きの方法
  • ●大学のことを調べてモチベーションアップ
  • ●散歩をして適度に運動
  • ●おやつを食べる
  • ●寝る(睡眠を十分に取る)
  • ●ゲームや趣味など娯楽を取り入れる

志望校について調べて、合格時や入学後の大学生活をイメージしたりすることで、息抜きになるとともにモチベーションアップにもつながります。ストレスを発散させつつモチベーションアップできるため、勉強効率が上がるでしょう。散歩をするなど軽い運動でも、全身の血流が良くなってリフレッシュでき、ストレスを発散できます。おやつを食べたり、しっかりと睡眠を取ることもストレス発散につながります。受験勉強で睡眠時間を削り過ぎないように注意しましょう。

 

息抜きといえばゲームや趣味の時間が楽しいという人も多いでしょう。受験期間にゲームや趣味をやると罪悪感を覚えると言う人もいるかもしれませんが、適度に取り入れることで、気持ちの切り替えができ、集中力が高まる効果も期待できます。

なるほど。短い時間でも息抜きはできるんですね!10分や20分であれば時間を取れるので早速やってみます!

息抜きと言えば、1日しっかり休むことをイメージしがちだけど、散歩や志望校のことを調べる程度であれば、数十分でできるよ。短時間の息抜きでリフレッシュできて勉強効率が上がるので、ぜひ試してほしいぽっち。

2.効率的な息抜きの方法

息抜きをしようにも、勉強のことが頭から離れない…という場合は、十分にリフレッシュできないぽっち。効率的な息抜きのポイントを紹介するよ!

しっかり息抜きできないと、せっかくの時間を有効活用できません。効率よく息抜きするために、次のようなポイントを押さえておくとよいでしょう。
■息抜きに効果をもたせるポイント
  • ●息抜きの時間も計画に入れておく
  • ●ストレスがたまったら1日リフレッシュデーを作る
  • ●息抜きの時間は自分が好きなことをする

急に息抜きすることを決めた場合、予定していた勉強のスケジュールが狂ってしまったり、無駄に長い息抜きをしてしまいだらけてしまう恐れもあります。そのため、勉強の計画を立てる時には、あらかじめ息抜きの時間も計画に入れておきましょう。勉強と同じくらい重要なことだと考えて、実行することが大切です。

また、疲れがたまって勉強の効率が落ちている場合は、できるだけ早く丸1日のリフレッシュデーを作りましょう。リフレッシュデーでは必ず自分の好きなことをしてください。ストレスがたまるような予定は入れず、リフレッシュのためだけに過ごすのがポイントです。

息抜きを計画の中に入れるという発想がありませんでした!息抜きをあらかじめ予定に入れておけば、勉強のスケジュールにも影響しないですね。

息抜きは勉強と同じぐらい大切なことだからね。休むときはしっかり休むことが大切だよ。数十分だけの息抜きだけでなく、たまには丸1日しっかり休む日も計画には入れておくようにするといいぽっち。

3.息抜きの注意点

息抜きするときは、しっかりリフレッシュできるように、2つのポイントを押さえておくといいぽっち。

受験勉強の息抜きは、リフレッシュすること自体が目的であると同時に、次の勉強時間に向けて集中力を高める準備をしたり、モチベーションを引き出すようにするのがポイントです。いつも勉強に追われている気持ちを抱いていたり、受験に対して不安を抱えている人の場合は、特に注意が必要です。息抜きの注意点は次の2つです。
■息抜きの注意点
  • ●だらだら休憩しない
  • ●息抜きの間は勉強のことは忘れる

息抜きでは、しっかりリフレッシュすることが大切です。だらだら休憩してはいけません。集中して勉強した後に急にスイッチをオフにした場合、だらだらと休憩したくなることもあるかもしれません。しかし、だらだら休憩すると勉強のスイッチが入りにくくなります。そのため、休憩の時間を厳密に決めて、メリハリをつけることが大切です。

また、息抜きの間は勉強のことは忘れましょう。解けなかった問題の解答法に思いを巡らせていては頭が休まりません。休憩中は、さまざまなことを考えてしまうものですが、勉強に関することは考えないようにしましょう。

せっかくの息抜きなのに勉強のことを考えてしまうと、まったく息抜きになりませんよね。だらだら休憩することもあったから…今日からやめないと!

リフレッシュ中は、ずっと休憩時間だったらいいのにと思ってしまいがち。だからこそ休憩時間をしっかり決めておき、勉強と休憩のメリハリをつけることが大切なんだぽっち。

まとめ

勉強しても集中できない場合は、息抜きがおすすめだよ。息抜きは、効率のいい勉強には欠かせないぽっち。

集中力を高めるためのポイント
ここまで見てきたように、勉強の集中力を高めるためには効果的に息抜きを活用していくのがおすすめです。集中力を高める息抜きの主なポイントは次の通りです。
  • ●志望校のことを調べてモチベーションを高めよう
  • ●適度な運動でストレスを発散させよう
  • ●たまにはゲームや趣味などを楽しむことが大切
  • ●息抜きと勉強の時間にメリハリをつけよう
  • ●息抜きをしている時間は勉強のことを考えないようにしよう

息抜きすることでリフレッシュできて、勉強にも良い効果があるんですね!時間を決めてメリハリをつけて、息抜きしてみます!

息抜きを制するものは受験を制すると言っても過言ではないよ。勉強のときにしっかり集中できている人は、ちゃんと息抜きをしている。正しい息抜きの方法を押さえて、効率よく勉強してみよう!

 

無料体験申込はコチラから!

正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!