受験勉強をしていると、どうしても眠くなって寝てしまいます。受験勉強をしていないときは眠くならないのに、なぜ勉強中には眠くなったり居眠りしたりしてしまうのでしょうか。無意識のうちに勉強から逃げたいと思っているからでしょうか。いずれにしても、眠気が強くて勉強できないので、何か良い眠気覚ましの方法や対策はありませんか?

受験勉強は睡魔との闘いと言っても過言ではないぽっち。いかに眠気に打ち勝てるかがポイントだよ。

受験勉強中には、眠くて眠くてしょうがないときがあるよね。なぜ眠気に襲われるのか原因がわかって眠気に対処できるようになったら、とってもいいぽっち。

眠気に襲われなくなれば、それだけ受験勉強に集中しやすくなって、志望校合格のための学力レベルもより身につく可能性が高まりそうだね。受験勉強中の眠気の原因と対策、眠くならない方法を紹介するぽっち。

 

 

1.受験生が勉強中に眠くなってしまう原因

そもそも、なぜ勉強中に眠くなるのだろう?これは、主に睡眠や食事が関係している場合が多いんだ。眠気が起こる原因について考えてみよう。

眠気の主な原因は生活習慣にあります。眠気が起こる原因には次のようなものがあります。
■勉強中に眠くなる原因
  • ●疲れや寝不足
  • ●酸素不足
  • ●食後の消化の影響
  • ●低血糖
  • ●興味がないものやわからないものに対してストレスを感じ眠くなる

日々の受験勉強の疲れや、深夜まで勉強していることによる寝不足が原因で、日中に耐えがたい眠気に襲われることがあります。空気の動きがない密閉された空間で勉強していると、酸素不足によって眠くなる場合もあります。そのほか、食後の消化の影響や、偏ったダイエットによる糖分不足になると、体が低血糖になって眠気につながるのです。

精神的に、勉強に対してネガティブな感情を抱いていると、ストレスを感じて眠くなることもあります。

眠気の原因って、こんなにたくさんあるんですね!睡眠時間が足りないのかと思っていましたが、自分の眠気の原因はもしかしてほかにもあるかもしれないです…。

そうなんだよ。寝不足以外にもさまざまな原因があるから、眠くなるのは仕方ないとも言えるんだよ。でも、生活習慣を見直して自分でコントロールできる眠気もあるから、しっかり対処することが大切ぽっち。

2.受験勉強中の眠気の対処法

勉強しなければいけないのに急に眠気に襲われたら…。そんな時に、一時的にでも眠気が薄れたり目が覚めたりする効果がある方法を紹介するぽっち。

一般的に効果があると言われている眠気覚ましの方法がいくつかあります。人によって個人差があるため、眠気に襲われた時に実際に試してみて自分に合った方法を見つけましょう。
■眠気覚ましの食べ物・飲み物
  • ●ラムネ(ブドウ糖)、ガム、チョコ、アメなどのお菓子
  • ●コーヒーや紅茶
  • ●眠気覚ましドリンク

どれも簡単に手に入るものばかりです。甘いものを食べるときは、食べ過ぎると眠くなってしまうので食べる量に注意しましょう。眠気覚ましドリンクを飲むときは、カフェインの摂り過ぎに気をつけましょう。カフェインは依存し過ぎると健康に支障をきたす恐れがあります。

■眠気覚ましの行動
  • ●歯磨き・洗顔
  • ●シャワーを浴びる・入浴する
  • ●ストレッチや散歩などで体を動かす
  • ●部屋の換気をする
  • ●目薬を差す
  • ●ツボを押す

勉強中は、長時間同じ姿勢で、脳の同じ箇所だけ使っている状態です。歯磨きや洗顔、入浴、ストレッチ、散歩など、体を動かして血流を良くしたり筋肉を刺激したりすることで、眠気を吹き飛ばせます。

集中すると忘れがちなのが室内の酸素不足です。1時間に1度など時間を決めて換気することも大切です。ツボ押しをする際は、後頭部中央の生え際から親指1本分上にある風府(ふうふ)というツボを親指で5~6回押しましょう。

■眠気覚ましの勉強方法
  • ●勉強する科目を変える
  • ●勉強する環境を変える

いわゆる気分転換による対処法です。勉強する科目や環境を変えることで気分転換になり、眠気が吹き飛びます。あらかじめこの科目をやると計画したスケジュールを守ることも大切ですが、眠気に襲われたら勉強する科目を入れ替えて、リフレッシュするのもおすすめです。勉強する場所や方法など環境を変えるのも眠気覚ましになります。

■眠気覚ましに寝る
  • ●仮眠をとる(20分程度)

いくつか眠気覚ましを試してみても効果がない場合は、そのまま勉強を続けても勉強内容が頭に入ってこないことがほとんどのため、20分程度の仮眠をとりましょう。ただし寝過ぎてしまうと起きるのがつらくなるので、タイマーをかけておくことが大切です。

眠気覚ましの方法って、こんなにたくさんあるんですね!眠気に勝てる気がしてきました。

受験勉強中に眠気が襲ってきても、原因と対処法がわかっていれば何も怖くないんだ!自分に合った対処法を見つけて、眠気をコントロールするぽっち。

3.睡眠時間を削るのはNG!受験にとって良い睡眠とは

勉強時間が足りないからといって、必要な睡眠時間を削ることは勉強に悪影響を及ぼすことがあるよ。睡眠の必要性について見てみよう。

睡眠時間や睡眠の質は、体の健康だけではなく集中力や思考力にも影響します。受験勉強に良い影響を与える睡眠を取るためには、次のようなポイントを押さえておきましょう。
■受験勉強にとって良い睡眠を取るポイント
  • ●睡眠不足が続くと思考力や集中力、記憶力の低下が起こる
  • ●早寝早起きをする
  • ●睡眠不足でも長時間の仮眠はしない
  • ●昼夜逆転生活は睡眠リズムが狂うので避ける

寝不足が続くと、思考力や集中力、記憶力が低下し、勉強しても身につきにくくなります。また、昼夜逆転生活によって睡眠のリズムが狂うと、質の高い睡眠が取れなくなり寝不足となるのです。早寝早起きを習慣づけ、規則正しい生活を心がけることでコンディションを整えるのがおすすめです。

徹夜明けのときのように、睡眠不足だからといって長時間の仮眠を取ると昼夜逆転や睡眠リズムの乱れにつながります。長時間の仮眠は避けて、睡眠習慣を整えることを第一に考えましょう。

なるほど。睡眠習慣を整えることで眠気が起こりにくくなるんですね。

そのとおり。睡眠は健康を支える大切なものなんだ。受験にとって良い睡眠習慣が身につくように気をつけるぽっち。

まとめ

眠気に襲われる頻度が多い場合、生活習慣などに原因が潜んでいることもあるぽっち。放置したままでは勉強の効率を悪くしてしまうから、この機会に自分の睡眠を見つめ直してみよう!

勉強中に眠気に襲われたときの対処法について、主なポイントをまとめると次の通りです。
  • ●身体を動かして眠気を吹き飛ばそう
  • ●定期的に部屋を喚起して酸素不足を防ごう
  • ●勉強する環境を切り替えて気持ちのスイッチを入れよう
  • ●仮眠をとる場合は寝過ぎに注意しよう
  • ●毎日の睡眠のリズムを整えて体調を整えよう

眠くなるのは仕方ないのかな?と思っていましたが、原因を知ることができてスッキリしました。眠くなる原因がないか生活習慣を見つめ直して眠気に対処すればいいんですね!

そのとおり!眠気は睡眠習慣を整えることが大切だよ。目覚ましに効果のある対処法を試したり、眠気に襲われにくい睡眠リズムを整えるようにして、受験勉強に良い影響がでるような生活を心がけるぽっち!

 

無料体験申込はコチラから!

正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!