大学受験に失敗したらどうしようと考えてしまい、勉強をしていても気がかりです。悪いイメージを払拭するためにはどうすればいいのでしょうか。

受験生は、誰しも受験に失敗したらどうしよう、と悩むものだよ。不安を感じる理由は、自信のなさや、勉強不足を自覚している場合などいろいろ…。でも、不安になることは、素晴らしいことでもあるよ。「勉強しなければいけない」という自覚があり、今後起こりうるリスクを回避することにもつながるからだよ。ただ、ネガティブも度を過ぎると勉強に支障が出てしまうぽっち。

ネガティブになり過ぎていると感じた場合は、身近な人に相談してみたり、良い意味で開き直ったりしてみるのも方法の一つだよ。さらに勉強量を増やして自信をつけるのもおすすめの方法だよ。

今回は、大学に落ちたらどうしよう、というネガティブな気持ちに陥る理由と、気持ちを切り替える方法について説明するよ。きっと気持ちを切り替えて受験勉強に打ち込めるぽっち!

 

 

1.大学受験が不安な理由

まずは、大学受験が不安な理由を考えてみるぽっち。自分がなぜ不安になっているのかという理由が分かれば、訳の分からない不安から解放されて、次の段階へ進めるはずだよ。

大学受験が不安な理由は、主に3つ挙げられます。それぞれの理由についてじっくり考えてみましょう。
■ポイント
  • ●受かる自信がない
  • ●人と成績を比べてしまう
  • ●勉強不足を自覚している

受かる自信がないと思ってしまう原因は、「志望校のレベルが高すぎる」「自分の実力がない」のどちらかです。どちらにしても、その志望校を選んだのはあなた自身。チャレンジすれば受かるという可能性があるからこそ選んだのではないでしょうか。頑張って合格したときは、達成感もひとしおのはず。自分の実力がないと感じているなら、もっと勉強に打ち込むことで解決しましょう。
「周囲の人たちは頑張っているのに自分だけだめだ」など、他人と自分を比べてしまうのも、多くの受験生が感じがちなことです。しかし、大学受験は、他人がどうであろうと関係ありません。自分が大学受験に成功すれば、それで良いのです。他人が何をやっていても関係ない、自分は自分、という気持ちに切り替えてみてください。
勉強不足を自覚している場合は、自分の実力がどれぐらいかという自覚を持っているということです。自分を客観視できているということですので、この不安を感じることは悪いことではありません。勉強不足だというなら、とにかく今から頑張るだけです。頑張れば頑張るほどその不安は軽くなり、気がつけば実力もついてきます。

受験生は誰でも不安を抱えているということが分かると、気持ちも少し楽になりました。自分がなぜ不安に思うのか考えてみると、頭のどこかで「自分なんて」と自己否定する気持ちが強いことに気づきました。

漠然とした不安は、理由を掘り下げて考えるだけで自己解決することもあるよ。ただ、ネガティブな感情自体は悪いことではないんだぽっち。そのことについても少し見ていこう。

2.適度な不安は悪いものではない

適度な不安は悪いものではないと分かれば、必要以上にネガティブな感情を強めなくて済むよ。不安な気持ちがする良い部分を知って、自分に対する自信を取り戻すぽっち。

不安という感情のプラス面について知ることで、必要以上に落ち込まず、前向きな気分が芽生えます。ここでは、適度な不安のプラス面について説明します。
■ポイント
  • ●それだけ真剣だということでもある
  • ●多くの受験生が不安を抱えている
  • ●不安や心配によってリスクを回避できる

受験に対してあまり真剣に取り組んでいない受験生は、あまる不安に襲われません。逆に「どうにかなる」と軽く考えていることさえあります。大学受験が失敗するのではないかと悩んでしまう受験生は、それだけ真剣だという証拠です。勉強もしっかり取り組んできている自分自身に、もっと自信を持ちましょう。
「受かる自信がない」という不安は、これまで真面目に受験勉強に取り組んできた受験生なら、だれもが多かれ少なかれ抱えている感覚です。誰もが同じだ、と考えて肩の力を抜き、深呼吸をするだけでも漠然とした不安が和らいできます。
また、人は不安を覚えると、その不安を解消するように行動します。この行動が自然とリスク回避になっていることも少なくありません。成功する人は、不安や心配を感じたときにネガティブな感情を解消するために行動することで、成功を手に入れます。不安や心配は、リスクを回避するため人に備わった能力のひとつと考えてみましょう。 

適度な不安はリスク回避になるとは知りませんでした。そういえば、苦手科目の勉強をしているとき、特にネガティブな気分になります。やはり実力不足を自覚しているということなんですね。

その通り!いくら頑張っても不安になるということは、逆に言えばゴールが見えているということだぽっち。「もっと勉強すれば合格ラインに届く」と心のどこかで思っているからこそ、不安な気持ちが受験生を勉強に駆り立てているよ。そう考えれば、不安に対して必要以上にネガティブな感情を持つ必要がないということが分かると思うぽっち。

3.気持ちの切り替え方

気持ちの切り替え方を何かひとつ身に付けておくと、必要以上に落ち込まずに済むね。気持ちを切り替える方法を紹介するので、不安が強まったと自覚したときは実践してほしいぽっち。

大学におちたらどうしよう、と不安になったとき簡単に実践できる、気分転換の方法を紹介します。
■ポイント
  • ●人と話す、少し寝るなど自分に合った方法を見つける
  • ●いい意味で開き直る
  • ●勉強量を増やして自信をつける

まず、試してほしいことは一人で悩みを抱えたままにせず、第三者と話して気分転換をしてみることです。家族でも友達でも構いません。自分以外の人と会話をすることで、不安からいったん離れ気持ちは落ち着いてきます。
不安に真っ向から対抗して、いい意味で開き直ることも有効な方法です。受験生はみんな多かれ少なかれ、志望校に入れるかどうか不安になっています。自分だけじゃない、不安に感じるのは当たり前だ、と思うことで、少しずつ不安な気持ちが収まってくるでしょう。
また、勉強量を増やして「これだけ自分は頑張っているから大丈夫」という気持ちになるまで頑張るのも良いでしょう。学力もアップして不安な気持ちも落ち着き一石二鳥です。 
寝不足だったり疲れていたりと、身体的にあまり調子が良くない状態のときも、気持ちがネガティブに傾きがちです。身体を休めることで不安が落ち着くことも多々あるので、少し寝たり、深呼吸をしたりしてみましょう。

そういえば、深夜まで勉強しているとき、急に不安な気持ちがこみ上げてくることがあります。不安になったら、一度寝てみることから始めてみようと思います!勉強量も増やして、自信をつけていきたいです。

どの対策も、今日から実践できることばかりだから、試せるものはいろいろ試してほしいぽっち。自分に合った気分転換方法が身に付けば、メンタル的にも良い状態で勉強を進められるよ!

まとめ

大学に落ちたらどうしよう、というネガティブな気分が頭から離れないときに、気持ちを切り替える方法を解説してきたよ。自分に合ったやり方で前向きな気持ちに切り替えて受験勉強に打ち込んでほしいぽっち!

今回ご紹介した、不安な気持ちを切り替える方法について、ポイントを以下にまとめました。
■ポイント
  • ●不安の原因を自分なりに突き詰めることでやるべきことが見えてくる
  • ●不安という感情のプラス面に目を向けていい意味で開き直る
  • ●人と話す、少し寝るなど自分に合った方法を見つける
  • ●勉強量を増やして自信をつける

不安の原因をよく考え、不安のプラス面も意識して開き直ることで、不安の多くは解消します。さらに、自分でも実践しやすい気分転換方法を見つけて、実践するようにしましょう。

不安の原因を知り、プラス面を知るだけでも気持ちがずいぶん楽になりました!また不安な気持ちがぶり返したときは、今回お聞きした方法をすぐ試してみます。

気分をうまく切り替えていくことで、心にかかるストレスが軽減されるよ。勉強もはかどるようになり、受験に対する自信もついてきて、不安を感じる度合いも少なくなるはずだよ。メンタル面の調整方法を覚えて、しっかり受験勉強を進めていこう!

 

無料体験申込はコチラから!

正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!