ルールを伝える

オプションレッスンの単発で指導目的が明確なケースには必要ないことだが、継続する可能性がある際には、チューターはレッスンの中で大切にしたいと思っていることは事前に、真剣に伝えるべきである。

その内容について、敢えて、私は問わない。

自分が学習を進めていくうえで、遵守した方が絶対に得になると思える話を伝えるだけの事である。

私は宿題をしてくることを強く伝えた。

宿題は、「あなたの成績をあげるためにするのだ」などとわかっている話はしなかった。「宿題は、人と人との約束事だから、しなければならないもの」と話をした。

だから、それは期日までにしあげることができない時は、その場でその理由を話すべきであり、当日になってできなかったという理由は通らない、と何度も真剣に話した。

今になって言えることだが、何度も、何度も、こちらが真剣に語っていると、子どもたちに時間はかかっても浸透してくる。

「宿題は人と人との約束事」これが私が決めたぶれないルールだった。


正式なご登録までのフロー

STEP.1
無料会員登録
STEP.2
無料体験レッスンの受講
STEP.03
一般会員登録
STEP.4
本格レッスンスタート!